空と旅と温泉と雑想と

きれいな空や旅や温泉のこと、そして日々思ったことを書いていきます

那覇空港から羽田空港へ!【座間味島旅行記 最終回】

※本ブログはアフィリエイト広告を使用しています。

はじめに

現在お届けしている座間味島旅行記は東京の自宅への帰路の途上。
前回の記事では、那覇空港のカードラウンジに行ったところまでお伝えしました。
本記事では那覇空港の保安検査通過後から羽田空港までを
お伝えします。
いよいよ座間味旅行記も本記事で最終回です!

記事の前にちょっとだけ宣伝です

以前当ブログで連載していたハワイ旅行記
その一部を纏めて内容を編集し、Noteの有料記事で販売を始めました!(Noteの記事は広告なしです)

現在販売しているのは、
①東京を出発して、ハワイ島に到着するまでの話と、
②ハワイ島に現地参加した話と、
③ディズニーアウラニリゾートに宿泊した話です。
しかも!はてなブログ連載時には掲載を見送った記事も番外編として収録しています!
それぞれ200円と大変お求めやすい価格になっておりますので、以下のリンクから記事にアクセスしてお買い求めください!
次回はシェラトン・ワイキキに宿泊した話やワイキキビーチを訪れた内容をまとめる予定です!

帰りのルートのおさらい

最近の記事で何回か繰り返していますが、帰りの行程を詳細にお伝えするために、帰りの行程をおさらいしておきたいと思います。
上の画像でお伝えしている行程では、那覇から飛行機に乗って、東京に移動することになっていますが、下は、それをもうちょっと詳細化したものです。

座間味港
⬇フェリー
泊港
⬇徒歩
美栄橋駅
ゆいレール
那覇空港
⬇飛行機
羽田空港
⬇電車、徒歩
自宅

本記事でお伝えするのは、赤文字の部分です。

保安検査場を通過して今度は夕食を…

ラウンジ華を後にして保安検査場を通過した後、私はANAの搭乗ゲートが集まるエリアへと進みました。

ここにも首里城の復興に向けたメッセージが飾られています。

美栄橋では宅配会社のトラックで首里城復興のメッセージを見て(その時の記事)、今回は空港で同様のメッセージを見て。
沖縄の方々にとって、首里城がとても大切なものであることが伝わってきます。

搭乗ゲートの近くには、売店が並んでいるエリアがあります。
そこでお土産を追加購入したりするのですが(私もちょっとだけ購入しました)、その売店では食事も出していました。
さっきお昼ご飯を食べたばかりではあるのですが、機内食が出ない普通席を予約しているので、早めに夜ご飯を食べておかないと、夕食の時間もかなり遅くなってしまいます。
ひょっとしたら日にちをまたいでしまうかも…
というわけで、昼食から1時間くらいしか経過していませんが、売店今のうちに夕ご飯を食べることにしました。
注文したのは沖縄そば
さて、お味はと言うと…

うん!美味しい!

まだ空腹にはなっていませんでしたが、ものの数分でペロッと感触してしまいました!

面白い自動販売機!

食後、搭乗ゲートに向かっていると興味深い自販機を発見しました。

どうやら調理済みのチキンが丸々1羽販売されているみたいです。

大量のにんにくを使ったジューシーな丸焼き…
美味しそう…

すでに荷物が一杯だったため購入は見送りましたが、いつか購入してみたいです。

というか、記事を書いている今になって気が付きましたが、
注意書きに「〜購入よろチキンです。」って書いてありますね。
この時に気が付きたかった!

飛行機が入ってきました

搭乗ゲートの近くの席で時間を潰します。

この空間の広さがとても良いです。
私が搭乗する飛行機は眼の前にやってくるはず。

しばらく待っていると、飛行機がやってきました!

その飛行機に搭乗し、私は羽田空港へと旅立ちました。

さようなら!そしてありがとう!
沖縄!!

夜の羽田空港は荘厳だけど物悲しくて

飛行機に乗ること約2時間半、飛行機は羽田空港に着陸しました。
夜の10時半近くの羽田空港荘厳な佇まいをしているけれど、少し物悲しそうな感じがします。

羽田空港から電車を乗り継ぎ、家にたどり着いたところで今回の旅は終了です!

あー、楽しかった!

終わりに

というわけで、約1ヶ月に渡ってお届けしてきた座間味旅行記は、本記事で終了です。
読んでいただいた皆様、ありがとうございました!
座間味島は非常に良い島でした。近い内に再び訪れたいと思います!

さて、次回からは新しい旅行記の開始です。
2024年のGWに行った私の心の故郷(長野県 佐久地方)旅行記を書きたいと思います。
名付けて佐久旅行記こちらもお楽しみに!
記事の閲覧ありがとうございました! よろしければ、下にある「ランキングバナー」や「読者になる」、「はてなスター」、「B!ブックマーク」をクリックいただけると幸いです! (スマホの場合、「読者になる」ボタンは上の方に表示されます)